TOPICS(トピックス)

TOPICS RSS

越智投手(巨人)が発症した黄色靱帯骨化症を波動測定結果

細胞力はレベル4です。
ジオパシックストレス(断層・水脈)の影響を受けています。
歯の金属(パラジウム)の反応あり
ニッケル濃度が高いので血管内が詰まりやすい状態。
カルシウム濃度が高い。
以上の測定から
自律神経の乱れと血行悪さ、その結果、濃度が高いカルシウムによる骨化する現象が作れやすくなっているように思えます。

選手生命の為に手術を受けずに療養するアドバイス
?ジオパシックストレスである場の改善
?歯のノンメタル治療
?ニッケル排泄の為のペクチン摂取
?ニッケルを摂取しない為のステンレス調理器具禁止
?カルシウム濃度を低減させるためにマグネシウムの摂取。
?自然塩の摂取、自然の調味料(味噌・醤油)に変更
?細胞力の向上のために、自然発酵食品(微生物酵素菌)の摂取
?魂の向上のためにイメージトレーニング

外氣功療法川崎本院 www.gaikikou.co.jp/k
その他の記事一覧

 1  2  [3]  4  5 

( 3/5 )
|<     TOP     >|

このページの先頭へ